入試案内

3年課程の合格率は準備中です。

在校生・卒業生の声

・校舎内が新しくてきれい。
・病院が近いので、具合が悪くなったらすぐ受診できる。
・実習先が学校の目の前で近い。
・図書室、ラウンジ、カンファレンスルームなど勉強スペースがたくさんある。
・良い友達に出会えた。
・年齢はバラバラだけどクラスメイトが仲が良い。
・熱意のある指導を受けられ、同じ志を持つ人たちと同じ学舎で楽しく過ごせる。
・同じ目標、夢に向かえる仲間と学べたことが将来の糧になると思う。
・少人数生でマンツーマンで教えてもらえる。
・病院が近いので、実際に病院で働いている先生がきて教えてくれるので、看護師という職業の現場がわかる。
・勉強のやりかたを教えてくれるので、つまづくことなく勉強ができる。
・外部講師の先生たちもとても熱心に教えてくれる。
・生活科学の実験の授業や調理実習などもあり、自分の生活や患者さんへの関わりの中に活用できる授業内容が多くあるのが楽しい。
・実習室や図書室が2つあるので、自学自習がしやすい。
・看護師としてだけでなく、社会人としての態度やマナーについても学校生活の中で自然と学べる。
・スークカウンセラーがいるので、悩みを相談でき早期に解決できる
本校は、学習環境と人がとても良いです。学内では教員が心身共にサポートしてくれ、実習先は常に学生に協力的で安心でした。 また、グループ活動を通じてクラスメイトと深い絆が育まれ、現在も励まし合っています。学生として第一目標は国家試験合格ですが、本校では「誠実さが信頼関係を築く基本」と実感でき、臨床での指針となっています。
この学校では、様々な場所での臨地実習における看護課程の展開により、実践的な学びが得られます。それにより自然な形での国家試験知識の獲得が出来たと共に、入職後の職務にも繋がっています。また、実習や家庭で悩んだ時も、学友に助けられ、先生方に支えられ、自分自身を真摯に見つめる時を持て、乗り越えることができました。そして自分の看護観を少しずつでも形あるものにでき、看護師として働いているのは、この学校のおかげであると感謝しております。
至誠会看護専門学校では看護師に求められる態度や責任、必要な知識や技術を一人ひとりの学習状況に合わせて指導が受けられ、理解するまで一緒に考え支えてくれる人間関係があります。 看護学生の毎日は忙しいですが、笑って、泣いて、怒ってと賑やかな学生生活を送ることができたのは、看護観を語らう仲間と厳しくも温かみのある教務の先生方の存在でした。 卒業後もホームカミングデーなど、フォローしてもらえる体制があるので安心して仕事に取り組めます。
至誠会看護専門学校は1学年40人と少人数できめ細かい教育や指導をしてくれます。先生方との距離が近く先生からも「分からないことがあったらいつでも質問に来ていいよ」と言ってもらえ、日々の学習や実習中、国家試験の学習の時に安心して質問ができました。 病院実習もほとんどの実習がすぐ側にある至誠会第二病院で行われます。 実習は体力が必要で勉強も沢山しなければなりませんが学校から近かったので実習に通いやすく、実習時間終了後も図書館で学習をしたり、学生で話し合いをしたりすることができました。医療や看護は変わっていくものだからずっと勉強を続けていくことが大切だと先生や実習中の看護師さんから教わりましたが看護の基礎をこの学校で学べて良かったです。